結婚ビザの失敗談

ひき弱パチパチの憂鬱 > 文化 > 結婚ビザの失敗談

結婚ビザの失敗談

2014年12月28日(日曜日) テーマ:文化

結婚ビザは、婚姻ビザなどともいますが、結婚してから取得します。つまり、結婚を控えた人が、結婚ビザで日本に入国することは無いのです。結婚ビザの大変なところは、日本側の手続きだけを完了していてもダメなところで、お相手の国でも結婚絵続きが完了して初めて申請できるのです。

結婚ビザは、当初自分たちで申請しようと考えていましたが、その考え方が甘かったことに気づいて、大慌てで行政書士さんに依頼しました。というのも、私たちはフィリピン人ですが、偽装結婚が多い国でもあるので、審査が厳しいと聞いたのです。"



関連記事

仮放免許可申請の明暗を分けたもの

仮放免許可申請の明暗を分けたもの

2014年12月28日(日曜日)

親を呼ぶ特定活動ビザは大変

親を呼ぶ特定活動ビザは大変

2014年12月28日(日曜日)

結婚ビザの失敗談

結婚ビザの失敗談

2014年12月28日(日曜日)

ハゲに関して思うこと

ハゲに関して思うこと

2014年12月11日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)