仮放免許可申請の明暗を分けたもの

ひき弱パチパチの憂鬱 > 文化 > 仮放免許可申請の明暗を分けたもの

仮放免許可申請の明暗を分けたもの

2014年12月28日(日曜日) テーマ:文化

仮放免許可申請を自力でしていたQさんが不許可になり、行政書士さんに依頼していたPさんが許可されて、偶然かもしれないのですが、プロの実力を思い知らされました。仮放免許可申請のポイントはあるのですが、それを書面に表現する能力というのがどうしても一般人には不足していて、だからこそ行政書士や弁護士といった専門職がいるのでしょうね。

仮放免許可申請を自力で申請したQさんは後悔しきりで、次回はもう3ヵ月後になってしまう申請は、行政書士にお願いするといっていました。



関連記事

仮放免許可申請の明暗を分けたもの

仮放免許可申請の明暗を分けたもの

2014年12月28日(日曜日)

親を呼ぶ特定活動ビザは大変

親を呼ぶ特定活動ビザは大変

2014年12月28日(日曜日)

結婚ビザの失敗談

結婚ビザの失敗談

2014年12月28日(日曜日)

ハゲに関して思うこと

ハゲに関して思うこと

2014年12月11日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)